本文へジャンプ

日和サービス株式会社

Hitachi

医療関連サービスマーク取得

財団法人医療関連サービス振興会は、医療関連サービスに対する医療機関や国民の信頼を確保し、良質な医療関連サ ービスの健全な発展に寄与するため、「医療関連サービスマ ーク制度」を発足させました。

この制度は、医療関連サービスとして必要な要件を「認定基準」として定め、この基準を充たすサービスに対して、「医療関連サービスマーク」を認定するものです。

日和サービスでは、『院内清掃サービス』の認定要件に適合していると認定されています。

病院清掃の特徴

「安全・安心」と「高品質サービス」「高効率作業」のご提供

病院は患者様の「治療と療養生活の場」であるため、「安全・安心」な環境の確保が最優先しなければなりません。私たちは、患者様・医療従事者様にとって常に「安全・安心」な作業を徹底します。
美観の維持はもちろんのこと、作業従事者のマナーも含めて「高品質なサービス」をご提供致します。
新しい技術・資機材の導入を進め、『高効率作業』によるコスト削減に努めます。

感染抑制、作業効率アップを目的としたオフロケーション方式を採用

オフロケーション方式とは、汚れたモップ・クロスをその清拭場所では濯がず、別のきれいなモップ・クロスに次々と交換しながら拭く方法で、常にきれいなモップ・クロスで拭くことになり、洗浄・消毒効果とも最初から最後まで同じになります。また汚れたモップは院外で洗浄・除菌を行なうことで院内の衛生環境の保持に努めます。

「清浄度計測器(チェッカー)」による衛生環境モニタリング

日常の衛生環境の徹底を図るため、日和サービスではATP拭き取り検査を行い、清掃の結果を目に見える形で捉え、衛生管理を行なっています。

ATP拭き取り検査法とは
ATP(アデノシン三リン酸)は、生きている全ての細胞中に含まれている生物のエネルギー物質です。微生物や食品残渣(ざんさ) にも含まれ、汚れの指標とされています。ホタルは、体内のATPと、酵素ルシフェラーゼ、発光物質ルシフェリンを反応させて光ります。ATPふき取り検査法は、この発光原理を応用してATP量を測定し、汚れを数値化するものです。わずか 10 秒程度で清浄度が測定でき、食品工場や厨房、医療現場などで広く普及しつつあります。

定期的な社内研修による安全、技術、マナー意識向上

社内研修の様子
社内研修の様子

資格免許を持つ専門スタッフのもと、作業に従事するスタッフに技術的指導はもちろん、マナー教育も実施しております。病院を利用されている方々や、病院で働く医療従事者の立場に立ったサービスを心掛けています。